プロフィール

Ajio Kino

Author:Ajio Kino
FC2ブログへようこそ!
札幌在住、レコーディングエンジニア、PAオペレーター。
好きな物ー温泉、ワイン、農家直売。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
カテゴリー 《 プラグイン~Reverb 》   全1ページ
このページのリスト

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.07.15    カテゴリ:  プラグイン~Reverb 

   Reverb

時代を感じる音のひとつの要因に、Reverbの掛け方があると思います。これでもかと掛
かっている音もあれば、あっさりとした頃も。私もある時代の音は、スネアにホワイトノ
イズが乗っかった音にしか聞こえない時もありました。自分でつくった音を聞き返しても
Reverbは普通に使っていますが、派手には聞こえないことが多いです。スネアにReverbも
積極的にはやりません。というか、スネアの間がある場合は、サスティーンの一環として
のせることは、あるかもしれませんが。基本、初期反射を加えて残響を短くし、音のミッ
クスに前後をつけてやることが、多いです。Studio TAYLERで現在、活躍中のReverbをご紹介。

*TL Space
tl_space.jpg

コンボリューションリバーブでは最近多用しています。主にドラムの響きというか部屋
鳴りみたいなものを、付加するのに使うことが多いです。LEなスタジオ(?)での録音も
HDなスタジオの響きを得ることができます。コンボリューション系のリバーブは、
DAWならではのエフェクトで、ハードのリバーブを使っていた時代から考えるととても
スバラシイ発想ですよね!あっ、ハードでもSonyからサンプリングリバーブがあり
ましたがLEな私は使用したことがありませんでした。しかし、MacでのCPU占有率は
大変高く、1つのセッションで現在のシステムでは1つ、多くて2つしか挿せない状況
ですね。TL Spaceは音も素直だし、IRやパラメーターが豊富で使いやすいレイア
ウトがお気に入りです

*Classik Studio Reverb~CSR
CSRP.jpg

Ik MultimediaのCSR。これもお気に入りのリバーブです。これば、コンボリュージョン系
とは違い、CPU演算系とでもいいましょうか、通常リバーブです。上の写真はCSRの
中のPlateですが、あと他にHall,Room,Inverseとそれぞれインターフェイスが変わります。
また、それぞれのリバーブにパラメーターを簡略化したEazyモードと、パラメーターを多
彩にもったAdvancedモードを持ち合わせます。私も両方のモードを使い分けしています。
音的には通りの良いリバーブ音でHall系は歌に、Room系はギターに、Plateはスネアに、
Inverseはゲートリバーブのサウンドを作るときに使っています。

*D-Verb
D-verb.jpg

LE購入時に、デフォでついてくるD-Verb。最初の印象はあまりいいものではありません
でした。しかし、最近いろいろなプラグインリバーブを使ってるうちにD-Verbの味みた
いなもの感じるようになりました。歌に残響を短くして、Panを狭くして、歌の後ろにつ
けることが多いです。一瞬聞いただけではわからない感じですが味のある音になります


その他Wavesのリバーブも多用していますが、またの機会に書こうとおもいます。ミックス
時はハードのリバーブも使う事があり、YAMAHAのSPX990やRolandのSRV-330を立ち上
げています。
スポンサーサイト


Copyright © In the REC of the Studio TAYLER All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。