プロフィール

Ajio Kino

Author:Ajio Kino
FC2ブログへようこそ!
札幌在住、レコーディングエンジニア、PAオペレーター。
好きな物ー温泉、ワイン、農家直売。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.06.15    カテゴリ:  レコーデイング・レポ 

   レコーディング・レポ~Spicy Bulldog

札幌の街中はYOSAKOIのお祭りで盛り上がっている日曜日、LEな私はStudioで
録音でした。その時の様子を。

この日は高校生バンドの「Spicy Bulldog」の録音です。学校祭で使う音源の録音のよ
うです。Vo&Gt,Gt,Drum,Bassの4人組で前回のTAYLER FESにも高校生枠で出演して
いたメンバーがいました

P6120001blog.jpgP6120004blog.jpg


最初、バックの演奏をギターソロ以外、同時でプレイしてもらいました。上の写真の
様にドラムの前に弦部隊(?)を並べて、ギターはアンプのマイク録り、ベースはアンプ
をモニター用にしてライン録りしました。この向きだと弦部隊は、ヘッドフォンなしで
演奏できますが、ドラマーだけは、ヘッドフォーンモニターしてもらいました。

上の写真には、ニューアイテムのReflexion Filterが映っていますね。気持ち遮音でき
るかなと思ってつけましたが、実音がちょっとリッチな感じで録音できていました。
またヴォーカルも同じ印象で、ミッドが濃くなる感じでミックスの処理もやり易くなりま
した。これから何度も登場してくるとおもわれるのでレポしていきますね。
(アップで。)

P6120003blog.jpgP6120009blog.jpg

バックの収録後、メインのヴォーカル、2コーラス目にでてくるドラムのChiharu様の歌、
全員のコーラス、ギターソロを重ねてミックス、マスタリングまで1日で終えました。みん
なガンバリましたね!学校祭、うまくいくことを願うオヂさんでした

スポンサーサイト

2010.12.09    カテゴリ:  レコーデイング・レポ 

   レコーディング・レポ~RAY NOTE

J-パンク、グランジの色を感じさせてくれるロック・バンド、「RAY NOTE」のレコーディ
ング・レポ、・・・というか、プリ・レコーディング・レポです。週末行われるレコー
ディングのためのデモ録音をやりました。

PC070004blog.jpg

事前に曲の構成や、アレンジを含め録り方を考えるためにプリプロを行うときがあること
を以前にも書きましたね。RAY NOTEの録音は2回目になるのですが、以前は学生さん
だったのが久々に会ったメンバーは立派な社会人で、演奏も一皮むけた感じになっていて、
オヂさんは嬉しい限りでした。で、今回はクリックを使う曲、つかわない曲があるので
その確認のためにも事前に曲を知りたかったために行いました。

バンドは3ピース、Gt&Vo,Bass&Vo,Drの構成に対して、プリ録音では、DrumはTopx2,Kick,
SNのマイク4本、Bass D.I,GtにSM57,Voは練習スタジオにあるミキサーからラインで1系統
の計7トラックで収録。案外いい感じで録れました。今もその時の音を聞いてトラック
割りや、重ね方など思案中です。

PC070005blog.jpg

また、ミックスでも実験的にできるので、例えばプラグインで、MC77のレシオ全押しや、
マスターにDUY Dad Tapeを挿してみたりしました。なかなかパンク的なサウンドに近くな
ると思われます。本番はどうなるかわかりませんが。

週末朝早いけど、ガンバリマショウ!


2010.09.29    カテゴリ:  レコーデイング・レポ 

   レコーディング・レポ~HOT ROX

札幌を中心に道内各地でライブ活動しているハードロックバンド、「HOT ROX」のヴォー
カルレコーディングがありました。約一年前に録音したものを、ヴォーカリストのチェ
ンジがあったので、新加入のRay君のヴォーカル差し替え作業でした。ライブで聞いて
いた印象と同じで、音程がしっかりしていて、ヴォーカルスタイルが確立している感じ
でした。使用したマイクはAT4033a。

hotroxvoblog.jpg

今回はその先を書いてみましょう。AT4033aからつながるケーブルはモンスターケー
ブルのPerformer500シリーズのもの。タイラー社長のケーブルコレクトのなかのひとつ
です。音は、ケーブルの見た目通り、太い音というか、中低域に元気がでるといった感
じでしょうか。かといって高域が弱いとは感じられません。そこから、今回はマイクプ
リはXlogic Alpha VHD Preでレコーダーに。声質と今後の処理を考えてVHDのツマミ
はセンターよりやや2nd方向にして使用しました。

monsterc.jpg

HOT ROXはRay君加入後、曲を増やしているという事なので、今後の活動が楽しみです

2010.08.09    カテゴリ:  レコーデイング・レポ 

   レコーディング・レポ~My Blueberry Nights

札幌で活躍するインストバンド「My Blueberry Nights」のレコーディング・レポをお届け
します。Studio TAYLERでは2回目の録音で、ありがたいことです。バンドの特徴で
あるjoe氏のギターサウンドは衝撃です。ギターアンプ3台(!)と多くのペダルエフェクトで
ギターのループサウンドを重ねて、一人で弾いているとは思えない演奏をきかせてくれ
ます。当然、ダビングなしの一発録音です。

MBNGt2blog.jpgMBNGt3blog.jpgMBNBblog.jpg

音がかぶらないようスピーカーが逆向きにセッティングされ、モニター的には厳しいが、
メンバーの努力でこののまま、演奏できるだけのヴォリュームをあげてもらいました。
ドラマーにはモニターしずらい曲もあったので、一部ヘッドフォンをしての演奏になりま
した。

収録曲は全6曲、ほとんどが1テイクで、準備をいれて5時間で録音、4時間強でMixまで
終えました。

MBNGt4blog.jpg

「My Blueberry Nights」は、激しい衝動を内に秘めた”静”から、それらを吹き出すかの
様な”暴”へのパワー感のギャップにロックを感じます。ライブではそのテンションが魅力
になるでしょう。彼らのMy Spaceでは、2008年冬に録音した作品の音がアップされていま
す。そのリンクを貼っておきます。是非聞いてみて!!!

My Blueberry Nights~My Spacehttp://www.myspace.com/myblueberrynightshokkaido


2010.08.04    カテゴリ:  レコーデイング・レポ 

   レコーディング・レポ~"どんな楽曲もカホン"のほん


全国で活躍、北海道を代表するバンド、「OLD」のドラマー神田直樹氏の著書、「どんな
楽曲もカホンのほん」が発売されました。カホンのいうろいろなリズムパターンを実演、
それをドラム譜にあらわしているDVD付き教則本です。そのDVDはStudio TAYLERで
収録されました。カホンの収録に使ったのは、オンマイクにAKGのc4000とカホンの
中に、神田氏持参のシュアーのバンダリーマイクを、オフマイクでAKGのc451をL/Rで
2本使用しました。

演奏部分の収録だけで、4時間弱で、スタジオ内に神田氏本人とスタッフ3人がはいって
いるが空調の音がはいらないようエアコンが止められていたので、照明の熱と男熱(?)で
スタジオ内の温度はスゴイことになっていました。ちなみに私は空調の効いたコント
ロールルームでスペースバーを押していただけなので、大変申し訳なかったです。

カホンをこれから始めたい人はもちろん、カホンのプレイをもう一段階上を目指す人には
オススメです!アマゾンのリンクを貼ってありますが、全国有名書店でもお求めになれま
す!是非!


Copyright © In the REC of the Studio TAYLER All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。