プロフィール

Ajio Kino

Author:Ajio Kino
FC2ブログへようこそ!
札幌在住、レコーディングエンジニア、PAオペレーター。
好きな物ー温泉、ワイン、農家直売。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
カテゴリー 《 使用機材 》   全2ページ
このページのリスト
► 次のページへ

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.10.21    カテゴリ:  使用機材 

   Firewire400ケーブル~unibrain

PTLEのインターフェイスとして002Rackを使っていますが、そこからMacにつながるFire
wire400のケーブルを替えてみました!今までは、量販店で買うことのできるものを
使っていました。しかし、データ転送している一番大事なところなのでこだわりたいなと。
以前からネットで、いろいろなFirewireケーブルをみてきて、値段、音質の評判などみて
いくと、Unibrain製のものが良さそうだと考えていました。

そんな折に、タイラー社長から「unibrain扱い始めた業者さんがいます!」との連絡が。
即買いでした

ネットでググッてみると、オーディオマニアの方々がPC オーディオを楽しむために、使用
している方が多く、ケーブルを替えてからの音質アップがみられることを、皆さん書かれて
いました。

で、Studio TAYLERではどうかなと?最初一聴しただけでは、私のクソ耳では変化はないな
と。しかし、HDに書き込まれる情報は、以前よりも密度の違うものになっているはずで、
実際、Vo差し替え作業のあった時も、透明感のある扱いやすい音になっていた気がします。

電源ケーブルの時も書きましたが、一番は使う側の信頼感と安心感がもてることです。
細かなヴァージョンアップは、それが重なる毎に、気がつかないうち音に現れてきます(
経験談)

あるエンジニアさんもおっしゃっておりました、安心感があれば作品の出来も違うだろう
と。納得です。

unibrainblog.jpg
スポンサーサイト

2010.09.08    カテゴリ:  使用機材 

   電源ケーブル

タイラー社長のこだわりに、"電源まわり”がある。練習スタジオをみても、それはわかる
と思います。スタジオをここに決める際も、分電盤が2つあること、200vの動力電源がある
ことは魅力でした。LEレコーディング規模であれば、分電盤が練習スタジオと別でとれる
だけで充分でした。本格的なスタジオのなかには、キュービクルを持つところも多いです
が。スタジオの工事中にも確認しましたが、コンセントまでのVFケーブルも通常家庭用の
ものより、太いものが使われていました。

で、その先の電源ケーブル。タイラー社長も極太ケーブルを数本所有しています。Ex-pro,
Moster Cable,Belden等々・・・。機器が効率よく駆動するために、その機器に流れる電流
の質を落とさずに供給する、大事なことだと思います。雑誌等でも、電源ケーブルによる
音の特徴や変化が検証されていますね。しかし、電源ケーブルをめぐる議論は、いろいろ
あり、音質の変化は理論上あり得ないという意見も・・・、まぁそれぞれの状況や環境、
住んでいるところの電気事情などとケーブルの相性などもあって、変化することは、ある
様な気がしますね。私も貧弱なケーブルよりは、しっかりしたもののほうが、精神的に
良い気がします

確か今年の春くらいに、タイラー社長から「Macの電源ケーブル、換えておきました!」
といわれましたが、そのときは音が変わったようには感じられず、いくつかのセッション
をこなしていきました。そのうち、電源ケーブルを取り替えた事も忘れていたある日、
あれっ?みょうにプラグインの効きがよくなったというか、メーカー別の音のキャラの違
いがより鮮明になっていることに気がつきました。この変化は、電源ケーブルを交換した
ことによる変化かどうかは、わかりませんが(比較せい!)少なくても交換する前には
感じられなかった音の感触でした。これは最近作業していて気がついたこととしておき
ましょう

ちなみに今、Macについている電源ケーブルはBeldenのe3462。オーデイオマニアな方であ
れば使っている方がいらっしゃるかもしれません。

macpowerblog.jpg

2010.04.08    カテゴリ:  使用機材 

   Xlogic Alpha VHD Pre

SSL社のXlogic Alpha VHD PreがStudio TAYLERに来た!タイラー社長が大好きな
セイコーマートのかつ丼1年分をガマンして()導入していただきました!

SSLblog.jpg
*写真最上段のもの

まだ歌録りにしか使用していませんがHighがきれいに録れるためか、バックと混ぜた
ときに音の位置が頭一つ上にでた感じでした。噂のVHD回路の最初の印象は効きの
微妙なトーンコントローラーかな?っと思ったのですが、3rd方向フル回しはエグイ
音になりました。インプットゲインとVHD回路が連携しているということなので、
入力の設定がキーポイントになるでしょう。過大入力になるとPADのボタンが赤く
光ります。欲を言えば位相反転スイッチがあれば、といったところでしょうか。

写真にあるコンプを組み合わせて使いたいとおもいます。特にMDX2100はLEな私に
とって大好きなコンプです。レンジ感の狭まったところを()VHDで調整できれば
と思っています。

SSLのコンソールは田舎のエンジニアにとっては、高嶺の花。私もコンソールをみた
のは()札幌の某専門学校に導入されたときの内覧会と、東京のNHKの505スタジオ
(だったかな?)にカールアレンのライブ番組の収録にいったときです。NHKにいったと
きは、お願いしてコントロールルームにいれていただき、作業をガン見でした。

本物のSSLの音は知れませんが、現在使っているマイクプリとはキャラが違うので
音の幅がひろがり、いままでのプリアンプも生きてくるので、これからの録音が
楽しみになります。皆さん、録音にもきてくださいね!

2010.03.12    カテゴリ:  使用機材 

   黒電話!?

TB

オペ・デスクの上にある黒電話・・・。
これは何に使うかというと、スタジオで演奏するミュージシャン
とControl Roomにいる私やバンドのメンバーがコミュニケート
するための、いわゆるトークバックに使っています。

タイラー社長の以前勤めていた会社からの引き上げ品のなかに
紛れていました、結構年代ものの電話かもしれません
改造されてあるのですが、プリアンプつきでライン出力されています、
ダイアルがついていたところが、スピーカーになっており、今はリターン
トークバックには使っていませんが、XLRのメスジャックもついているので
出力されるかもしれません、まだ試していないのですが

よくヴォーカルのミックスで、ラジオヴォイスにしてとの要望がありますが、
最初からわかれば、今度この電話で歌ってもらおうかなと

録音にいらっしゃるお客様の半分以上は黒電話を使ったことのない世代
ですよね。

2010.03.01    カテゴリ:  使用機材 

   使用機材~マイク等

Mic
Audio-Technica
AT4033a
1


ATM-251
 AKGc30002
 
c40001
 
c451EB1
 BlueBlueBird1
 ShureSM577
 
SM583
 
Beta571
 
Beta561
 
Beta Green4.0
1
 Sennheisere6021
 
e6061
 
e6043
D.IBossD.I16
 ARTTube MP
3
 CountrymanTYPE852


Copyright © In the REC of the Studio TAYLER All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。