プロフィール

Ajio Kino

Author:Ajio Kino
FC2ブログへようこそ!
札幌在住、レコーディングエンジニア、PAオペレーター。
好きな物ー温泉、ワイン、農家直売。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
カテゴリー 《 プラグイン-EQ 》   全1ページ
このページのリスト

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.04.26    カテゴリ:  プラグイン-EQ 

   PultecのモデリングEQ

最近、プラグインネタをアップしていなかったので、ヒマなこともあり改めて自分の
使っているプラグインEQをチェックしてみました。自宅Macでミックスできることもあり、
様々試す事が出来て、今年のミックスはひと味違うでしょう

*BF Pultec Bumdle
pul1a.jpgmeq-5.jpgeqh-2.jpg
*左からEQP-1A,MEQ-5,EQH-2

PTLEを使い始めて、割と初期から使っているEQです。抜けの悪いトラックや楽器のア
タックを目立たせたい時に、挿しています。特に私はギター、ドラムには必ず使ってい
ます。よく言われているのは、Boostのポイントの周波数よりAttenのポイントのほう
がやや高いところにあることです。また、EQP-1Aは実機は真空管機ですが、プラグイ
ンは歪み感というか、倍音少ないことも特徴でしょうか。しかし、EQH-2のほうは、倍音
がはっきりと感じられて、より滑らかな感じがします。他パートにそれぞれ使い分ける
事により存在感をだせると思います。

*PuigTec EQP-1A

puigtec.jpg

WavesのEQP-1Aのモデリング。先記のBF~とは似て非なる物と感じてしまいます。まず、
挿しただけで音が大きくなる感があります。BFのEQP-1Aより歪みが多く癖が出る感じが
あります。最近のWavesのプラグインのなかに、Mainsという電源の周波数をえらべるス
イッチがついていますが、これもデフォで立ち上げると60Hzになっています。音をいれ
ないでアナライザーをみると電源ノイズのシミュなのでしょうか、200Hz以下で動いてい
るものがあります
jjp60hz.jpg

Mainsを50Hzにするとその山は小さくなり、当たり前ですがoffにすると全くなくなり
ます。Mainsをoffにして試しにオシレーターで1kをいれてみました。
puig1aoff.jpg

音をいれると、30Hz以下(聴き取れない!)塊があらわれ、倍音が複数みられますね。

BF~とPuigTecでは使い道がそれぞれありそうで、音に幅ができると思います。これからの
ミックスが楽しみです。

スポンサーサイト

2010.04.22    カテゴリ:  プラグイン-EQ 

   WavesのEQ

「鉞」のスピンオフセッション(?)のミックスも先日、終了しそのミックスでも、いつ
でもStudio TAYLERで大活躍のWavesのプラグインEQをご紹介。

*Q10
Q10blog.jpg

私のミックスのなかでは、比較的マイナス方向に必要なときに使うEQです。ドラムの
パーツをコンプレッションしたときに、今まで聞こえなかった嫌な倍音が耳についた
ときにノッチフィルター的に使用する事が多いです。Q幅がかなり狭いところまで設定
できるし、バンドの数も選択できるので大変便利です。トーンの変化も少ないです。

*Renaissance EQ
REQblog.jpg

偶数次倍音が感じられるwarmなサウンドでオールマイティーなEQです。どのパートでも、
RenaissanceのEQかCompが挿してありますね。かかり方が非常に優しい。私の中
では、まだまだ使い方の奥があるよう気がしているので、常にいじりまくっています。

*Line Phase EQ
LinePhaseEQblog.jpg

マスタリングのときに使うEQです。現在は、以前ご紹介したbx_hybridを使っています
が、600Hz以下の調整はLine Phase Low Bandを名残で使用してます。物言わぬ
仕事のできるEQとでもいいましょうか。変化を感じさせない変化があるEQです。

Compもそうですが、他社のEQとの組み合わせで幅の広い音をつくる事ができると思い
ます。また、EQは必ず各トラックに挿すわけではなく、演奏&録音がよければ、No EQ
で処理することもあります。

2010.03.08    カテゴリ:  プラグイン-EQ 

   d2 bx_hybrid

LEプラグインをご紹介。Studio所有と私個人所有のものがあります。
それぞれの感想は個人的印象なので、また環境によって違いがでてくる
と思いますので、参考程度に読んでくださいね。

*d2
d2.jpg

私のLEデビューはPro Tool6からでした。最初デフォのEQからこのd2に
したとき、よく効くEQだな~と思ったものでした。今でも使い慣れている
せいか、ファーストチョイスのEQです。McdspのFilterBankやWavesの
REQの独特のアナログ感はなく、ソリッドな音作りに適してる気がします。
いつもよく使うトラックはドラムの金物系やキック、その他楽器類に
挿してます。

*bx_hybrid
bx-EQblog.jpg

このEQは最近お気に入りのものです。使い始めは、マスタリングのEQとして
WavesのL2とコンビで使っていました。その前は、マルチバンドコンプやEQ
を併用していたのですが、このEQのみで音作りができるようになりました。
心の師、赤川新一氏が語るように「0.5dbの上げ下げによるサウンドの変化の
差をはっきりと感じとる事ができる」EQだと思います。また、マスタリング
だけでなく、ミックスのシングルトラックにも便利で、Qのツマミや、周波数
の選択ツマミを長押しするとその範囲だけソロでリスニングできるオート・
リッスン・モードがあるので、正確に狙ったポイントにEQすることができます。
brainworx社といえばM/S処理技術ですが、現在私は勉強中です。
マスタートラックには必ず挿しているEQです。


Copyright © In the REC of the Studio TAYLER All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。