プロフィール

Ajio Kino

Author:Ajio Kino
FC2ブログへようこそ!
札幌在住、レコーディングエンジニア、PAオペレーター。
好きな物ー温泉、ワイン、農家直売。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
カテゴリー 《 レコーディング・心得 》   全1ページ
このページのリスト

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.06.05    カテゴリ:  レコーディング・心得 

   テンションコード?ブルーノート?

私はこう見えても、バンド経験があります。ギターを弾いていましたが、キーボードの
人の作る曲に、マイナースケール一発のヘビメタや、ペンタ一発のハードロックをやって
きたギタリストには違和感を覚えることがありました

ギタリストは往々にして指板上で音をとらえがちになります、経験談ですが。気持ちの
いいギター特有のテンションコードがあったり、弾いていて楽なKeyというのもあると思い
ます。それが悪いとかではなく、ギターのいいところで、ロックなサウンドの要でありま
す。しかし、ギターありきで考えすぎては他のメロディー楽器や、自分で重ねても音がぶつ
かってしまうことも。特に絶対音程をだすキーボードにとっては、和声的に音をとらえるこ
とができるので、フレーズによっては、機能和声論でみるとコードの構成音に帰結しないと
ダメ!と考えられてしまいます。

なんでこのようなお話をするかというと、Studioに録音に来ていただけるバンドさんの
なかにも私に音を直される場合が多々あります。楽器のチューニングはもちろん、
ギターや歌のメロディーとバックのアレンジにおけるコードとの関係に関しても直しまで
いかないにしろ、ツッコまれます。ピッチが甘いとは別の話です。バンドの全員が一つの
コードに向かっていってないことに原因があるように思えます。ギターがマイナーコード
を弾いていたのに他のメンバーはメジャーコードと解釈していたり、4thの音で歌が伸び
ているとき、かぶせのギターのメロが3rdで伸びたり。ベースがルートを弾いたり、ギター
がパワーコードだと最初気がつかないけれど、調性を決めるフレーズやパートがはいって
くると、オヤ?と思う事があります。「そんなことウチのバンドではありえないよ。」って
いっていたバンドさんでさえ、ありました

しかし実際、スタジオにはいっての練習や、ライブなどでは、気がつかないことが、多々
あります。録音すると、他のメンバーのやっているリズムや音に改めて気がついたり、
第三者の私からの指摘などもあり、バンドとしては、CDを作り上げる以上の物が得られる
と思います、特にStudio TAYLERでは。だから、是非、録音に来てみてくださいね!待ってま~す!




スポンサーサイト

2010.05.27    カテゴリ:  レコーディング・心得 

   レコーディング・心得~マジック?

私の行くロックな床屋さん(?)がある。店の名前もJeffBeckのソロアルバムのタイトルに
なっています!

そこに来るお客さんが「ジェフベックみたいな髪型にしてください。」という。
JBeck.jpg

出来上がりにお客さんは満足しているが、マスターがみるに「ラモーンズみたい。」と。
ramonesjpg.jpg

また、別のお客さんが「嵐のマツジュンみたいなパーマにしてください。」という。
MJ.jpg

出来上がりにお客さんは満足しているが、マスターがみるに「大泉洋みたい。」と。
oyblog.jpg

録音でも「誰々(プロミュージシャン)みたいな音」にしてとの要望があるが,確かにスタ
ジオの設備、エンジニアの腕も問題だが出音に一番問題があることがよくあります。
出音が"マツジュン"でないと"嵐"になることはないでしょう。

たまに"エンジニアマジック(?)"を期待される場合もあるが、少なくても私にはマジックは
ありません。心がけているのは、バンドの持っている物を、少し大げさに表現して
やることです。そのくらいで、CDを聞いていただけるお客様には伝わると思います。
Pro Toolsというか、コンピューターベースの録音は、バンドの持っていない音まで、
作ろうと思えば作り出せます。歌メロも全く違うものにしたり、ドラムのリズムも直せ
ます。しかし、その歌は、固い音というか固いノリになり、ドラムのグルーブは失われ
るでしょう。

1枚のCDの役割は、私が思うにミュージシャン+楽器が"7",スタジオ設備が"2",エンジニア
が"1"の7:2:1の比率のような気がします。しかし、この"1"が"2"や"7"を喰ってしまうことも
あります。理想は、聞いていただけるお客様に"1"や"2"を感じさせず、"7"を"10"に聞か
せることでしょう。でもそれって、マジックか

2010.04.01    カテゴリ:  レコーディング・心得 

   レコーディング・心得~食事

レコーディングは、パートによっては、朝から夜までかかるときがあります。その間
の食事は作品の出来を左右するほど重要です

実際にあった例でお話しますと、ドラマーが食事後、ドラムの鳴りがよくなったり、
それまで、納得のいくテイクがとれなかったが、食事後、一発OKになったり。ヴォー
カルマイクや、アコギのマイクにお腹のなる音が・・・。ギターやベース録音でも
やはりお腹のヘリすぎは集中力を欠くので、事前に用意される事をススメます
Studio TAYLERでも出前がとれます。でも、食べ過ぎは、リズムが重くなる人も
いらっしゃいますし(経験談)、眠気もさそうので、適量、もしくは量を調節でき
る、サンドウィッチやおにぎりなどがよいのでは。私もよく、いなりと巻き寿司の
セットを持参しています

電気ポットは、コントロールルームにあるので、お湯くらいなら提供できますので
インスタントものも、対応可です


Copyright © In the REC of the Studio TAYLER All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。