プロフィール

Ajio Kino

Author:Ajio Kino
FC2ブログへようこそ!
札幌在住、レコーディングエンジニア、PAオペレーター。
好きな物ー温泉、ワイン、農家直売。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
カテゴリー 《 プラグイン~Harmonic 》   全1ページ
このページのリスト

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.06.17    カテゴリ:  プラグイン~Harmonic 

   ギターアンプシミュレーター

ADAT時代、ハードのスピーカーシミュレーターなるものがあったが、それなりに使えたが
ライン臭さというものは、完全にぬけていなかった。DAWになり、ソフトウェア上で
ギターの音をつくれるようになり(ベーズもね)アンプ録りとの区別もつかないくらい優秀
なソフトがでてきていますね。Studio TAYLERで活躍中のプラグインをご紹介。

*Amplitube Metal
AmplitubeMblog.jpg

プロツールスLEを購入時に,バンドルされていたIK MultimediaのAmplitube LE。そこの
スタックアンプのモデリングに特化したAmplitube Metal。ハードなバンドさんの出入り
が多いStudio TAYLERでは、重宝しています。私の好みとしては、アンプ側をクラン
チ程度に歪ませてペダルエフェクトでさらに歪ませると、ゴキゲンになります。ただ、GUI
がステキだったり、機能がたくさんあるので、使っているMacでは、かなり重いので音が
決まったら、AudioSuiteでファイルに変換しています。

*TH-1
TH-1blog.jpg

音がいい!というのが最初の印象でした。音が前にある感じがします。様々なジャンルの
サウンドに対応できます。エンジニアがニヤリとしてしまうのは、2本のマイクの位置を
自由にマウスで移動できるところです。最新のAmplitubeでもできるようになったらしい
ですが。また、LEとして、ソフトが軽いというのがまたまた嬉しい。Pro ToolsではRTAS
のみでAudioSuiteはありません。

あとは、もちろんSansAmpPSA-1も使える音がたくさんあり、この3つでサウンドの幅を
広げています。次回のブログで、これらのプラグインで作ったサウンドのミックスレポ
をできたらと考えています。
スポンサーサイト


Copyright © In the REC of the Studio TAYLER All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。