プロフィール

Ajio Kino

Author:Ajio Kino
FC2ブログへようこそ!
札幌在住、レコーディングエンジニア、PAオペレーター。
好きな物ー温泉、ワイン、農家直売。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.06.25    カテゴリ:  ミックス・レポ 

   ミックス・レポ~hellne「last word」

前回のブログの内容の続き、アンプシミュレーターを使った録音のミックスレポを。レー
ベル「last fort records」からリリースされ,全国の若手ハード系のバンドを11バンド収録
されたオムニバスCD「hoped reality vol.1」,その中から札幌代表!のバンドhellneの
「last word」です。

レコーディングメモ
CDの発売は、2009年8月29日、録音は2009年の2月1日に行っています。1日でこの「last
word」ともう1曲録音して、別な日にミックスしました。この録音は後のStudio TAYLER
での録音の新しいやりかたを示してくれたものでした。曲中で展開や、テンポチェンジ
が激しい曲だったので、クリックを使わないでメンバー全員(Vo以外)が同時にプレイした
いとのことでした。ただスタジオ的にアンプを隔離するブースを持たないので、ドラム
セットとギターアンプ2台、ベースアンプを同じスタジオにいれるのは、広さ的にもそれ
ぞれ音のかぶりにも、危険があるので(問題ではない)メンバーがとった録音方法
は・・・、弦部隊は全てライン録りで同時録音でした!リアンプの方法もあったのです
が、ギターアンプもプラグインでやってみようとのことになり、ハードなサウンドです
が、録り音はペンペンです



ギター
サンプル音源で聞けるギターの左側がShota、右側がMura-Junになっています。録音中は
それぞれ、Line6のPODなど、ラインで聞いてそれなりのシミュレーターでモニターして
演奏して、録り音はD.Iで素の音を録音しています。左側のギターは、IK Multimediaの
Amplitube Metalで処理されています。

shoutaampblog.jpgshoutapedalblog.jpgshoutamicblog.jpg

上の写真をみての通り、なじみの機材の絵(?)がMacの画面に映し出されます。やはり
シミュレーターなので、本物の機材とは違う音に感じますが、それは、ひとのパラメー
ターごと、ひとつのトーンコントローラーとしてみれば、これほど幅広い音作りができる
ものとして大変便利なものです。ペダルエフェクターから始まり、アンプやキャビのチョ
イス、マイクのチョイスから位置まで、いじるのが楽しくさえなります。左側のMura-jun
のギターはoverloudのTH-1で処理されています。

mjunampblog.jpgmjunmicblog.jpg

前回のブログにも書きました通りこのプラグインは、マイクの位置をマウスでかえる事も
でき、さらに音源からの位置も細かく入力できるので、2つのマイクの’位相ずれ’も再
現できます。

プラグイン・アンプを使っての総評ですが、良い点は、録音がスムーズにできること、音
のかぶりを気にしなくてもいいなど、音をあとから変更できる、独特な質感が得られるな
どがあげる事ができます。逆に欠点としては、EQやCompなどのプラグインでもそうです
が、同じソフトだと同じエンジンを使っているためか、音色を換えてギターを重ねても
分離が悪く感じます。その点は工夫が必要でしょう。あと、ミュージシャンの思った音
がでるかどうかというのも課題になりそうです。ミュージシャンも同じソフトを持って
いるといいですが、そういうわけにも・・・。

ヴォーカル
ヴォーカルのミックスでは、Smack!LE,T-racksのSoft-Clipper,digidesignのLo-Fiを順に
かけています。

kimusmack.jpgkimuclip.jpgkimylo-fi.jpg

正直に話しますが、当時T-racksのSoft-Clipperを「ソフトにクリップさせる」ものと認識
して使っていました。後になって、本当の使い方を知るのですが・・・。でも、
結果聞いていて、ヨカッタので、以後もクリップさせるものとして、使うことがありました
。下にあるサンプル音源の最後の方に、ロボットヴォイスのような歌が聞こえますが、
当時流行っていた、Perfumeのようにしてくれとのことで、Auto Tuneをガッツりかけた
歌が聴けるとおもいます。その歌の主は・・・、左側から聞こえるギターを弾いている
人です!

現在、新しい音源の録音中で、それもオムニバスCDに収録される予定との事で楽しみで
す。hellneは音を聞いてわかるように、気持ちいいグルーブ感をもったロックを聞かせ
てくれます。また曲やアレンジが大変よいです。ライブでは、その良さが吹き飛ぶほど
の暴れ方で、ロックを感じさせてくれます。これからも目が離せないよいバンドです
よ!hellneのMy Spaceでは、「last word」のフルバージョンが聞けるので是非、行ってみ
てください。
hellne My Space
http://www.myspace.com/hellne
last fort recordshttp://lastfort.net/


Last word
スポンサーサイト


Copyright © In the REC of the Studio TAYLER All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。