プロフィール

Ajio Kino

Author:Ajio Kino
FC2ブログへようこそ!
札幌在住、レコーディングエンジニア、PAオペレーター。
好きな物ー温泉、ワイン、農家直売。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 全3ページ
このページのリスト
► 次のページへ

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.11.26    カテゴリ:  日記 

   あめりか道中膝栗毛

オヂさんの自慢話のなかに、アメリカで演奏したことがあると、何度も聞かされたことが
ある人もいらっしゃると思います。下の写真がライブをやったボルチモアにある「オリ
オンサウンドスタジオ」です。そのスタジオをご紹介しましょう。まぁ、ここだけではな
いですがGoogleマップのストリートビューでみると、その旅を思い出す事ができますね。

ここは、工業団地の奥にあり、敷地もかなり広いので音は出し放題な感じでした。スタジ
オは約30室(!)、ライブハウス、レコーディングスタジオも中にあります。元々何かの物流
センターの建物跡のようで、何カ所もトラックが着床できるような高さにシャッターがあり
ました。楽器の搬入も楽そうです。写真、左側は貸し切り月極スタジオでした。金額は月
$285~$425とのこと。札幌でやったら、住み着いちゃうヤツもいそうですね。そして
右側に通常レンタルスタジオとライブハウス、レコスタがあり、そちら側は見学&出演さ
せていただきました。スタジオは、手作り感のある感じで、楽器もStudio TAYLERまで
ではないですがそれなりのものが、はいっていていて、ライブハウスの機材もそう
ですが、アメリカで一般的に流通しているメーカー、PeavyやDODの機材が多くみられま
した。料金は4時間で$60とのこと。料金もアメリカ的ですね!(ちなみに料金は現在のも
のです)

ここのオーナーやスタッフもプログレラー(notプロレス)で、私のもっているCDのな
かにビルブラッフォードとトニーレヴィンのプロジェクトバンドのライブテイクもここの
ライブハウスで録音されていました。そのライブ会場で、日本から到着早々我々バンドの
男達はカウチソファを置かれ、そこで寝かされました!

ここでのライブ後、次のライブイベント、色々な国からプログレバンドが集まるライブに
向かうため7~8時間の深夜ドライブはアメリカの大きさを感じさせるいいドライブでした。


より大きな地図で Orion Sound Studio を表示
スポンサーサイト


Copyright © In the REC of the Studio TAYLER All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。