プロフィール

Ajio Kino

Author:Ajio Kino
FC2ブログへようこそ!
札幌在住、レコーディングエンジニア、PAオペレーター。
好きな物ー温泉、ワイン、農家直売。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 全3ページ
このページのリスト
► 次のページへ

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.04.26    カテゴリ:  プラグイン-EQ 

   PultecのモデリングEQ

最近、プラグインネタをアップしていなかったので、ヒマなこともあり改めて自分の
使っているプラグインEQをチェックしてみました。自宅Macでミックスできることもあり、
様々試す事が出来て、今年のミックスはひと味違うでしょう

*BF Pultec Bumdle
pul1a.jpgmeq-5.jpgeqh-2.jpg
*左からEQP-1A,MEQ-5,EQH-2

PTLEを使い始めて、割と初期から使っているEQです。抜けの悪いトラックや楽器のア
タックを目立たせたい時に、挿しています。特に私はギター、ドラムには必ず使ってい
ます。よく言われているのは、Boostのポイントの周波数よりAttenのポイントのほう
がやや高いところにあることです。また、EQP-1Aは実機は真空管機ですが、プラグイ
ンは歪み感というか、倍音少ないことも特徴でしょうか。しかし、EQH-2のほうは、倍音
がはっきりと感じられて、より滑らかな感じがします。他パートにそれぞれ使い分ける
事により存在感をだせると思います。

*PuigTec EQP-1A

puigtec.jpg

WavesのEQP-1Aのモデリング。先記のBF~とは似て非なる物と感じてしまいます。まず、
挿しただけで音が大きくなる感があります。BFのEQP-1Aより歪みが多く癖が出る感じが
あります。最近のWavesのプラグインのなかに、Mainsという電源の周波数をえらべるス
イッチがついていますが、これもデフォで立ち上げると60Hzになっています。音をいれ
ないでアナライザーをみると電源ノイズのシミュなのでしょうか、200Hz以下で動いてい
るものがあります
jjp60hz.jpg

Mainsを50Hzにするとその山は小さくなり、当たり前ですがoffにすると全くなくなり
ます。Mainsをoffにして試しにオシレーターで1kをいれてみました。
puig1aoff.jpg

音をいれると、30Hz以下(聴き取れない!)塊があらわれ、倍音が複数みられますね。

BF~とPuigTecでは使い道がそれぞれありそうで、音に幅ができると思います。これからの
ミックスが楽しみです。

スポンサーサイト


Copyright © In the REC of the Studio TAYLER All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。