プロフィール

Ajio Kino

Author:Ajio Kino
FC2ブログへようこそ!
札幌在住、レコーディングエンジニア、PAオペレーター。
好きな物ー温泉、ワイン、農家直売。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.10.21    カテゴリ:  使用機材 

   Firewire400ケーブル~unibrain

PTLEのインターフェイスとして002Rackを使っていますが、そこからMacにつながるFire
wire400のケーブルを替えてみました!今までは、量販店で買うことのできるものを
使っていました。しかし、データ転送している一番大事なところなのでこだわりたいなと。
以前からネットで、いろいろなFirewireケーブルをみてきて、値段、音質の評判などみて
いくと、Unibrain製のものが良さそうだと考えていました。

そんな折に、タイラー社長から「unibrain扱い始めた業者さんがいます!」との連絡が。
即買いでした

ネットでググッてみると、オーディオマニアの方々がPC オーディオを楽しむために、使用
している方が多く、ケーブルを替えてからの音質アップがみられることを、皆さん書かれて
いました。

で、Studio TAYLERではどうかなと?最初一聴しただけでは、私のクソ耳では変化はないな
と。しかし、HDに書き込まれる情報は、以前よりも密度の違うものになっているはずで、
実際、Vo差し替え作業のあった時も、透明感のある扱いやすい音になっていた気がします。

電源ケーブルの時も書きましたが、一番は使う側の信頼感と安心感がもてることです。
細かなヴァージョンアップは、それが重なる毎に、気がつかないうち音に現れてきます(
経験談)

あるエンジニアさんもおっしゃっておりました、安心感があれば作品の出来も違うだろう
と。納得です。

unibrainblog.jpg
スポンサーサイト
突然ですいません。

偶然に検索しましたら、こちらのブログに『Unibrain』の話題を発見しました。
Unibrain社と直接コミュニケーションしておりますので、技術的なご質問等あれば
ご利用ください。

お知らせ、ありがとうございます。
Unibrain社の製品は安心して使えます。
その他、御社取り扱い製品についても勉強させて
いただきますね。Tiwitterのほうでもフォローさせて
いただきます。よろしくお願い致します。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © In the REC of the Studio TAYLER All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。