プロフィール

Ajio Kino

Author:Ajio Kino
FC2ブログへようこそ!
札幌在住、レコーディングエンジニア、PAオペレーター。
好きな物ー温泉、ワイン、農家直売。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
検索フォーム
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.04.26    カテゴリ:  プラグイン-EQ 

   PultecのモデリングEQ

最近、プラグインネタをアップしていなかったので、ヒマなこともあり改めて自分の
使っているプラグインEQをチェックしてみました。自宅Macでミックスできることもあり、
様々試す事が出来て、今年のミックスはひと味違うでしょう

*BF Pultec Bumdle
pul1a.jpgmeq-5.jpgeqh-2.jpg
*左からEQP-1A,MEQ-5,EQH-2

PTLEを使い始めて、割と初期から使っているEQです。抜けの悪いトラックや楽器のア
タックを目立たせたい時に、挿しています。特に私はギター、ドラムには必ず使ってい
ます。よく言われているのは、Boostのポイントの周波数よりAttenのポイントのほう
がやや高いところにあることです。また、EQP-1Aは実機は真空管機ですが、プラグイ
ンは歪み感というか、倍音少ないことも特徴でしょうか。しかし、EQH-2のほうは、倍音
がはっきりと感じられて、より滑らかな感じがします。他パートにそれぞれ使い分ける
事により存在感をだせると思います。

*PuigTec EQP-1A

puigtec.jpg

WavesのEQP-1Aのモデリング。先記のBF~とは似て非なる物と感じてしまいます。まず、
挿しただけで音が大きくなる感があります。BFのEQP-1Aより歪みが多く癖が出る感じが
あります。最近のWavesのプラグインのなかに、Mainsという電源の周波数をえらべるス
イッチがついていますが、これもデフォで立ち上げると60Hzになっています。音をいれ
ないでアナライザーをみると電源ノイズのシミュなのでしょうか、200Hz以下で動いてい
るものがあります
jjp60hz.jpg

Mainsを50Hzにするとその山は小さくなり、当たり前ですがoffにすると全くなくなり
ます。Mainsをoffにして試しにオシレーターで1kをいれてみました。
puig1aoff.jpg

音をいれると、30Hz以下(聴き取れない!)塊があらわれ、倍音が複数みられますね。

BF~とPuigTecでは使い道がそれぞれありそうで、音に幅ができると思います。これからの
ミックスが楽しみです。

2011.04.11    カテゴリ:  日記 

   私の心をリセットしてくれる曲

録音の作業が続くと録音しているバンドの曲を何百回と聞くことになり、スッカリそのバ
ンドの魅力に取り憑かれてしまう事が多々。ライブがあれば全曲頭振ってメンバー
と合唱できるのはオレだけか?と思う事も。でも、ミックスを冷静に進めるためには
心を落ち着かせリセットする事が必要かな。そのためによく聴くバンドがあります。北海
道の自然のなかで、雲をみながら聴くとなお可という感じです。今、日本全体が心痛
めているなか、音楽も癒しを与えてくれるひとつでしょう。その音楽も人によって受ける
感じ方はそれぞれ。このバンドの持つパワーは宇宙的です。癒しのパワーだけではあり
ません、ここには書きませんが。早く日本全体に"Coming back to life"を願います。




2011.04.01    カテゴリ:  ミックス・レポ 

   ミックス・レポ~The Raynote「Edosurvivor」

mogurablog.jpg

レコーディング・メモ
以前Raynoteもレコーディング・レポでプリプロの記事を書きましたが、その週末2日間
で録音しました。1日目はバック3ピースの同時録音、2日目は、かぶせのパートとヴォーカ
ルの録音を行いました。全3曲の収録のCDはタイトル「もぐらの逃走」、その中からM2の
「Edosurvivor」のミックス・レポを。

ドラム
まず各トラックにMcDSPのAC-1を立ち上げています。トップにはEQ3を、キック、スネア
ハイハットにはd2でEQをしています。タムはこのとき、TrialでいれていたSPLのVitalizer
で存在感をだしています。あまりこの様な使い方はしないと思いますが、私の場合、聞
いてよければ、やってしまいます。このあとドラム全チャンネルをAUXトラックにアサ
インしてAvid MC77、EQH-2,MEQ-5で再度音をつくっています。

kinocom.jpgkimodr2.jpgkimodr1.jpg

MC77はRATIO全押しですが、あまり極度にコンプレッションしないようメーターをみて
Inputを調整しています。BF76より、あさっりした感じだったので、今回はMC77を使って
みました。下にあるサンプル音源ではドラムソロが含まれているので、その掛かり方が
よくわかるかと思います。また、ドラムソロの中で聞こえるシンバルのフランジングは、
別録りしたシンバルを貼付けてAvid Sci-Fiをかけています。
kimoflang.jpg

ベース
ベースはTube D.Iで録ったトラックとTYPE85のD.Iで録ったトラックの2本が必ず鳴っ
ていてTYPE85のトラックはIK MultimediaのAmpegSVTで処理しています。そのセッ
ティングは下の画像の通りです。
isseiamp.jpg

その2つのトラックはAUXトラックにまとめてAvid Slightly Rude CompressorとEQ3が
掛かっています。Compは音の色付け、EQは低域をまとめる程度です。
isseicomp.jpg

下のサンプルサウンドのドラムソロ後半に、弦を押さえないでミュートしながら空ピッ
キングをあててるところがありますが、そこにSoundtoysのCrystallizerをかけて水の
アブくの様なサウンドを出しています。Soundtoysのプラグインはたくさんの
プリセットがあるので試してみると、そのバンドに合うものが見つかったりしておもしろ
いです。私はバンドに対してこういうモノもあるけどと提示しますが、最終的には
バンドさんの判断にゆだねます。私もゴリ押すこともありますが、アイディアに固執
しません
isseisolo.jpg

ギター
ギターは録音時、バッキングに関しては、ドラム、ベースと同じスタジオでアンプを鳴ら
しました。音のセパレーション的には問題なかったのですが、1本のギターだけだと2ch
ミックス的に楽曲とバンドの持つ迫力に欠けたので、昔からの手法を使いました。Lchは
録音したギターで、Rchにはそのディレイ音になってます。ディレイはWAVESのSuper Tap
をつかっています。さらにそのディレイ音にWAVES Doublerをかけてピッチをかえてい
ます。
mikadelay.jpg

ヴォーカル&マスター
メインの歌はGtのDaichi君が担当で、ベースのissei君も、セクションによって担当して
います。そのメインの歌にはMcDSPのCB3でコンプレッションとダイナミックEQで存在感
をつけて、WAVES Renaissance EQとMcDSP ML1でまとめています。リバーブはWAVES
Renaissance ReverbでRoom感をだしています。あっ!ドラムのKimo-TAKU君も[自慰
・A・猥・Boy!]のパートをシャウトしていましたね
mikacb3.jpgmikarev.jpg

マスタートラックでは最初McDSP AC-2でコンプレッションしてPSP McQ,McDSP ML4で
まとめています。
rnac2.jpgrneq.jpg

Raynoteは札幌を中心に活動しています。CDの入手は今のところ、ライブ会場やStudio
TAYLERでできます。メンバー皆、社会人2年目の若いバンドなので、仕事とバンド活動と
一生懸命やっていただきたいですね、特に今の自粛ムードを吹き飛ばす元気な活躍で日本
を盛り上げる一員になってほしいと期待します!

The Raynote  on My Spacehttp://www.myspace.com/theraynote


Edosurvivor

2011.03.12    カテゴリ:  日記 

   今、私のできる事

今、日本で起きている災害に対して微力ながらここで出来る事を。私の住んでいる北海道
でも、遊びや仕事で訪れる見慣れた風景がTSUNAMIの被害に遭われている。ネットに繋げ
る環境が保持できているところであれば、できることもありますよね。

Yahoo!ボランティア--インターネット募金「緊急災害募金」

goo 募金:東北地方太平洋沖地震被害に対する支援について

@nifty Web募金:チャリティーコンテンツ

民主党 東北地方太平洋沖地震災害募金の受付を開始

「東北地方太平洋沖地震」に対する募金募集のお知らせ|アメーバピグ

TポイントとTカードの総合サイト[T-SITE]

東北地方太平洋沖地震 義援金のお願い -【グルーポン-GROUPON】

Canpan[■災害支援基金設置のお知らせ■ CANPAN 東北地方太平洋沖地震支援基金]

プロジェクト情報|寄付をする|寄付サイトGiveOne(ギブワン)

東北地方太平洋沖地震 緊急支援まとめて募金/国際協力NGOセンター(JANIC)

*ネットニュース各社様からのリンクやツイッターから参考にさせていただき、私の環境でつながりがよいところを
選ばさせていただきました。


2011.02.22    カテゴリ:  日記 

   Kai-Soul~More!More!More!

青春()を回想・・・。

今月初め、ゲイリームーア氏の死去のニュースが飛び交い、様々のブログなどにも取り
上げられていました。といっても、私の年齢プラスマイナス10歳くらいの範囲の方々が
対象でしょうか。その話題も落ち着いたところで、私も一筆。私も当時、避けては
通れませんでした、GM。初めて聞いたのはシンリジーではなく、コージーパウエルの
「Over The Top」というソロアルバムに収録された「killer」というTune。あのテイクは
スタジオライブで、ミストーンもそのまま収録されているが、メンバー全員が素晴らしい
演奏ですよね。そのギターの早弾きも、初めて聞いた衝撃は忘れられないものでした。

初めて聞いてから数年後、生ゲイリームーア氏を見た時の話。

今から二十ン年前、札幌の旧北海道厚生年金会館で行われたライブのリハをみる
機会がありました。ホールの扉からすでに爆音が漏れていました。そして扉をあけると
そこにはゲイリームーア氏が一人ステージで、BPM125~130のテンポの6連符をフルピッ
キングで休まず弾いていました。弾きながらステージの右から左から、まるで動物園の
熊のようにウロウロと。今考えると、モニターチェックでもしていたのかな。しかし、その
6連符は休まずに5~6分弾き続けていました。スタッフが声をかけるまで、ひたすら。
PAのスピーカーも生きていたので、爆音のなか私もじっとその様子を見ていました、
驚きながら。今も、プロのミュージシャンのリハを何度も拝見いたしますが、衝撃ベス
ト3にはいるリハでした。その後、ゲイリーはジェフベックのThe Pumpという曲をリハ
で弾き始めたのもビックリでした。

ライブ終了後の打ち上げにも参加させていただきました。当時ゲイリーは、ビリーアイドル
がお気に入りで、本公演の開演前のBGMでもCDをかけていましたが、打ち上げでもその
CDをかけて、酔っぱらった勢いで「Rebel Yell」のサビを歌っていました、「More!More!More!」

家の押し入れにはいっていたものを。
gmooreblog.jpg




Copyright © In the REC of the Studio TAYLER All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。